外壁塗装と吹き付けのローラー違い/4つの他、どちら、方法

外壁塗装と吹き付けのローラー違い/4つの他、どちら、方法

外壁塗装と吹き付けのローラーの違い/4つの他、どちら、方法

外壁塗装と吹き付けのローラー違い

外壁塗装の吹き付けとローラーの違い

外壁塗装で吹き付けが使われるケース

外壁塗装は、ローラー塗り(刷毛塗り)と吹き付け塗装の二つの方法があります。

 

特徴として、吹き付け塗装は意匠性のある仕上がりをすることができ、凹凸を隠したり、ザラザラした表面で仕上がるなど良い点があります。

 

しかし悪徳業者があるため手抜きをしないように注意が必要です。

 

実施工具としては、吹き付け塗装にはエアスプレーやエアレススプレーといったスプレーガンを使用します。

 

ローラー塗りには塗料を塗りながら仕上げるために小型・大型のローラーを使用します。

 

ローラーや吹き付けの工法を併用することも度々あります。

 

どちらの方法を選ぶかは、状況、部屋などによって変わってきますが、仕上がりが重要視されるならば、吹き付け工法を選択するのが正解です。

 

 

外壁塗装でローラーが使われるケース

外壁塗装で使用されるローラーは、大きく分けて、ローラー、吹き付け、刷毛三種類となります。

 

ローラーは塗料と木材や床材などの表面を均一に塗りやすくするために使われます。

 

刷毛は、ローラーや吹き付けで塗ることが難しい床、外壁の形だらけの物件などで表面を均一に塗るために使われます。

 

吹き付けは、高圧で噴射した塗料を放射状に広げて塗装する方法。

 

外壁塗装で必要となる道具は、専門的かつ正確な表面塗装を目標とした場合、塗装に使う道具または働き方、およびその仕上がりの違いを正しく知りおく必要があります。

 

積極的な表面塗装の効果を得るために、スキルの高いプロの塗装技術者に依頼することが最も効果的です。