外壁塗装と水性の油性違い/外壁塗装の水性、油性、違い、3つ

外壁塗装と水性の油性違い/外壁塗装の水性、油性、違い、3つ

外壁塗装と水性の油性違い/外壁塗装の水性、油性、違い、3つ

外壁塗装と水性の油性違い

外壁塗装の塗料の水性の油性の違い

水性が使われるケース

水性塗料は、希釈剤として水を使うことから水性と呼ばれています。

 

外壁塗装、屋根塗装などに使用されており、耐水性があり、表面が光沢感のある印象で上質な印象を与えます。

 

さらに、特殊な設備などを必要としないため、施工が簡単かつコストパフォーマンスも高く便利です。

 

また、写真やイラストなどをフルカラー印刷し、デザイン性も持っています。

 

近年では、外装ポリエステル生地と共に、撥水性があるスマホケースまで作られるほど人気が高まっています。

 

正しい種類を選ぶことで、外壁や屋根の塗装などでも、耐久性があり美しい効果を期待できるでしょう。

 

 

油性が使われるケース

油性マーカーは、主に書き込み用途に使われるペンの1つで、有機溶剤やインキなどの油剤を使用するタイプであり、油性を落としにくい素材に対しても、引っ掻き出し擦りなどの加工技術を駆使しても消せない文字を書き込めるのが特徴です。

 

油性マーカーは、文房具や衣装ケース、iPhoneカバー、プラスチック製品などの素材に書き込むときなどの用途で広く使われています。

 

さらにサインや絵を書くことに活用でき、可愛らしいペンケースやケースなどのハンドメイドアイテムを作るのにも便利な素材として注目を集めています。

 

また、油性筆記具の特徴から、ジェルインク、シャープペンなどの特殊インクを使った場合よりも、汚れを落とすのが容易な点なども重視しています。

 

油性の文字を消したいときはラッカーシンナーが一番効果があるなど、汚れ落としにもあやしいなど、油性マーカーは利便性の高い文具として、ヨーロッパなどでも利用されています。