シリコン塗料と水性の油性違い/塗装のそれぞれ、おすすめ、溶剤

シリコン塗料と水性の油性違い/塗装のそれぞれ、おすすめ、溶剤

シリコン塗料と水性の油性の違い/塗装のそれぞれ、おすすめ、溶剤

シリコン塗料と水性の油性違い

シリコン塗料と水性の違い

シリコン塗料は、外壁塗装の標準的な塗料アイテムとして人気があります。

 

水性セラミックシリコンと溶剤性シリコンの2つのタイプがあり、特性や用途、耐用年数にはかなりの違いがあります。

 

シリコン塗料は耐久性が高く、腐食に耐えやすく、衛生性に優れており、耐酸化性、撥水性などの機能性や低汚染性などの優秀な特性を持っています。

 

また、塗装工事費用も低価格で安く購入でき、他の外壁塗料より安く施工できます。

 

しかし、健全な塗装を行う上で必要な希釈材や硬化剤、重ね塗りなどの注意点もあるため、シリコン塗料を施工する場合には厳しい現場での作業が必要となります。

 

 

外壁塗装のシリコン塗料のメリット

シリコン塗料のメリットは、他の塗料タイプに比べて耐用年数が長いことがあります。

 

レンガや金属など、汚れ付きやすい下地にも適合しています。

 

さらに、紫外線や高温にも強く、汚れを弾くため表面をキレイに保つ事ができます。

 

また、光沢の種類も豊富なため、手軽に外壁をより華やかに装飾する事が可能です。

 

 

外壁塗装の水性塗料のメリット

外壁塗装には油性と水性の2つの塗料が存在します。

 

水性塗料はシンナーなどの有機溶剤を使用していないため、臭いが少なく、環境や人体への影響が少ないのが大きなメリットです。

 

水性塗料は耐久性は比べ落ちるのが早く、低温での施工が難しい、塗装工程になると雨などの当たると流れるかもしれないなどの劣りをしますが、取り扱いが簡単であるため、外壁に加えて室内などでも使用が可能なため優れた点を持っています。

 

 

外壁塗装の油性塗料のメリット

油性塗料のメリットは、主に耐久性に優れていることである。

 

油性塗料に含まれるシンナー(有機溶剤)の性質から、キレイな光沢・ツヤを生み出すことができ、耐摩耗性が高く、雨水や紫外線に強い塗膜を作ることができる。

 

また、乾燥も早く価格も安いため、外壁塗装に適している。

 

しかし、有機溶剤の発生による臭いや環境への影響、値段が高いなどのデメリットもあるので注意が必要である。