ウレタン塗料とシリコン塗料の違い/どちらの何、洋風、樹脂

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い/どちらの何、洋風、樹脂

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い/どちらの何、洋風、樹脂

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い

ウレタン塗料とシリコン塗料の違い

ウレタン樹脂塗料は、下地への密着性と柔らかな質感が特徴で、屋上防水などによく使用されます。

 

シリコン樹脂塗料は耐久性と汚れを防ぐ能力に優れ、ウレタン樹脂塗料と比べて塗膜が非常に崩れにくいためひび割れを起こしづらい特性があります。

 

また防水工事などではウレタン系塗料が多く使用される一方、耐用年数かどうか、デメリット・注意点なども確認しながらシリコン樹脂塗料についても検討すると良いでしょう。

 

 

外壁塗装のウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料は安価で、光沢のある高級な塗膜を作ることができるがゆえに、外壁塗装に最適な塗料です。

 

柔らかくて扱いやすく、密着性も高く、耐薬品性にも富んでいるため、コンクリートやモルタルなどのひび割れしやすい外壁に推奨されます。

 

また、下地部分にひび割れが生じても塗膜まで影響しない特性からも外壁塗装に安全性と優れた耐久性をもたらします。

 

さらには種類が豊富で、硬化剤の種類を変えることで様々な状態において使用可能であります。

 

以上のことから、ウレタン塗料のメリットとして、建物外壁塗装に安価な料金と安全・耐久性・使いやすさを提供してくれるということが挙げられます。

 

 

外壁塗装のシリコン塗料のメリット

外壁塗装にシリコン塗料を使用すると、汚れに強いため泛えや雨などにも弾きます。

 

また、紫外線にも強いため、太陽の光を長時間浴びる場所にも適しています。

 

さらに、耐用年数は5〜7年のアクリル塗料や7〜10年のウレタン塗料に比べ、シリコン塗料は8〜15年と長持ちします。

 

シリコン塗料は、耐用性の高さや低価格が特徴ですが、正しい塗装であってもひび割れが起こりやすいというデメリットがあります。

 

また、施工費用の観点でも、アクリルやウレタン塗料にくらべて高い可能性があります。