ウレタン塗料とアクリル塗料の違い/現場の装、比較、種類、メリット

ウレタン塗料とアクリル塗料の違い/現場の装、比較、種類、メリット

ウレタン塗料とアクリル塗料の違い/現場の装、比較、種類、メリット

ウレタン塗料とアクリル塗料の違い

ウレタン塗料とアクリル塗料は、使用している樹脂などによって特性が異なります。

 

ウレタン塗料は、強力な防水性や耐久性を備えた丈夫な仕上げが得られますが、少し燃料が高くなりやすい傾向があります。

 

一方、アクリル塗料は安価な環境に優しく、カラーも豊富なので、安全かつ手軽な仕上がりを約束します。

 

さらに洗浄性にも優れていて、基材以外の耐久性も高いため、外壁塗装など湿気の多い場所や冬季に使用することができます。

 

どちらもいい点がありますが、適した使用分量を決定するために、作業をしたい場所、要件、技術なども考慮しなければなりません。

 

 

外壁塗装のウレタン塗料のメリット

ウレタン塗料は安価であり、耐久性が高く、光沢を持ち、柔軟性があり扱いやすい塗料です。

 

外壁塗装に適していて、下地部分での経年劣化やひび割れからも塗膜を守ります。

 

さらに安全であり、価格・性能・コストパフォーマンスともに優れ、種類も豊富で硬化剤の種類を変えることも可能です。

 

ウレタン塗料は、安全であり、下地部分がひび割れるなどの劣化から塗膜を守ってくれます。

 

加えて、光沢や柔軟性があり、安価な点も長所として考慮してください。

 

 

外壁塗装のアクリル塗料のメリット

アクリル塗料は、低価格で施工でき、ツヤと色が良い特徴があるため、外壁塗装に便利な塗料です。

 

施工が容易なため失敗も少なく、透湿性があり、耐久性も高いのが特徴です。

 

しかし、一般塗料や耐久性の高いウレタンやシリコン塗料と比較すると撥水性・耐久性・UV耐性が劣り、長く放置するととび割れが生じやすいなどのデメリットもあります。

 

また、外壁塗装のアクリル塗料を使う場合は費用面や種類や性能などについて把握して塗装を選び、施工を心がける必要があります。