DIYの外壁塗装の手順/素人向けの作業の方法と道具

DIYの外壁塗装の手順/素人向けの作業の方法と道具

外壁塗装のDIYの塗料はどうする?

DIYの外壁塗装の手順
外壁塗装のDIYの塗料は、以下の点に注意して選びましょう。

 

塗料の種類
外壁塗料には、シリコン塗料、ウレタン塗料、アクリル塗料など、さまざまな種類があります。シリコン塗料は、耐久性や耐候性に優れ、汚れに強いのが特徴です。ウレタン塗料は、弾性性に優れ、ひび割れに強いのが特徴です。アクリル塗料は、コストパフォーマンスに優れているのが特徴です。

 

外壁の状況や予算に合わせて、適切な塗料を選びましょう。

 

塗料の色
外壁の色は、家の印象を大きく左右するため、慎重に選ぶ必要があります。事前にカラーシミュレーションなどを活用して、イメージを膨らませておきましょう。

 

塗料の性能
塗料には、耐久性、耐候性、防水性、遮熱性、断熱性など、さまざまな性能があります。外壁の状況やニーズに合わせて、必要な性能を備えた塗料を選びましょう。

 

塗料の価格
外壁塗料の価格は、塗料の種類や性能によって異なります。予算に合わせて、適切な塗料を選びましょう。

 

また、外壁塗装のDIYでは、水性塗料を使用することをおすすめします。水性塗料は、臭いが少なく、扱いやすいのが特徴です。

 

外壁リフォームのコツ

外壁リフォームのコツ
外壁のリフォームを行う際に安くするコツには、まずは素材選びや塗料をうまく使って効率的に外壁をリフォームすることが非常に重要です。

 

また、外壁の色の選び方にも気を配りましょう。

 

色を選ぶ際に一番重要なのは、汚れが目立たない色を選ぶことです。

 

白、黒、グレー、青などの色を参考に、自分で手作業でなら汚れや分解が抑えられる色を少し変えることも可能です。

 

また、外壁材選びにはしっかりと取り組むことも重要です。

 

室内内部への温度変動が抑えられる空気温度調整性の高い外壁材を選べば、防火性もあるので長持ちします。

 

以上のコツを踏まえれば、安くかつ効果的な外壁リフォームを行うことができます。

 

一部だけ塗装がハゲたから、その部分だけDIYで塗りたいな…ってときでも、適当に塗ると、塗った部分が変な目立ち方をします。

 

関連)外壁塗装の一部をDIYする

 

結局、カベの一面を全部塗ったほうが、後悔しなくて済むんですね…。

 

外壁塗装のペンキ

外壁塗装のペンキを選ぶ際には、以下のポイントを押さえて決めるとよいでしょう。

 

耐久性
外壁塗装は、約10~15年を目安に行う必要があります。そのため、耐久性の高いペンキを選ぶことが大切です。

 

防水性
外壁は、雨や風などの影響を受けやすいため、防水性の高いペンキを選ぶことも大切です。

 

耐候性
紫外線や酸性雨などの影響を受けやすい外壁は、耐候性の高いペンキを選ぶことも大切です。

 

耐汚染性
外壁は、汚れが目立ちやすいため、耐汚染性の高いペンキを選ぶことも大切です。

 


もちろん、自分の好みの色を選ぶことも大切です。

 

具体的なペンキの種類としては、以下のようなものが挙げられます。

 

アクリル塗料
アクリル塗料は、耐久性や防水性に優れたペンキです。また、価格も比較的安価です。

 

ウレタン塗料
ウレタン塗料は、耐久性や防水性に優れたペンキです。また、ツヤ感のある仕上がりになります。

 

シリコン塗料
シリコン塗料は、耐久性や防水性、耐汚染性に優れたペンキです。また、光沢とマット感の両方の質感を表現することができます。

 

ラジカル制御形塗料
ラジカル制御形塗料は、従来の塗料に比べて、耐久性や防水性に優れたペンキです。また、耐汚染性にも優れており、汚れがつきにくいのが特徴です。

 

フッ素塗料
フッ素塗料は、耐久性や防水性に優れたペンキです。また、耐候性にも優れており、紫外線や酸性雨などの影響を受けにくいのが特徴です。

 

無機塗料
無機塗料は、耐久性や防水性に優れたペンキです。また、耐火性にも優れており、火災の際にも燃えにくいのが特徴です。

 

外壁塗装のペンキを選ぶ際には、これらのポイントを押さえて、自分の家や好みにあったペンキを選びましょう。

 

また、ペンキを選ぶ際には、施工業者に相談することも大切です。施工業者は、さまざまなペンキの知識があり、最適なペンキを選ぶアドバイスをすることができます。

外壁をDIYで塗るときの注意点は?

外壁をDIYで塗るときの注意点は?
‎必要な道具·‎塗料の選び方·‎工程·‎対策
外壁をDIYで塗るときは、まず高所作業をする場合は必ず足場を架けて行う必要があります。

 

2m以上の高さから作業を行う場合はますより足場を立てることが大切です。

 

足場がない場合は細かいところまで塗れず、塗料が剥がれてしまう可能性があるので気をつけてください。

 

正しい塗り方を知るために最初に行うのが外壁の洗浄、乾燥です。

 

洗浄で取り除かなかった汚れや劣化箇所を加工し、表面をキレイにして養生材を施工する必要があります。

 

正しい歩留まりを得るためには丁寧な表面の加工や拭き掃除が大切です。

 

そして、塗料の選び方です。

 

水性塗料や油性塗料など様々な種類の塗料がありますが、今回は外壁塗装をするときは油性塗料を選択するのが良いでしょう。

 

油性塗料は耐久性に優れているため、多少の自然現象もきちんと耐えられます。

 

さらに、今回度重要なのが、ペンキ塗りの注意点です。

 

洗浄をきちんと行い拭き掃除をしている前提条件で、表面がしっかり乾燥している状態で行いましょう(湿度を低く保ち、風通しの良い作業場所が必要です)。

 

また、塗装の第一は拭き掃除の徹底です。

 

あとは塗料をその場で密閉できる容器で混ぜて使用するようにすれば、効率的な塗料を生産することができます。

 

最後は塗装液を撒くときの注意点です。

 

塗料は力を加えすぎないように塗っていきましょう。

 

塗装液を撒くときは、まず塗料から疎水性サーフェスを塗ってから、全体を塗っていくのがベストです。