アクリル塗料とシリコン塗料の違い/油性の塗装、おすすめ、水性

アクリル塗料とシリコン塗料の違い/油性の塗装、おすすめ、水性

アクリル塗料とシリコン塗料の違い/油性の塗装、おすすめ、水性

アクリル塗料とシリコン塗料の違い

アクリル塗料とシリコン塗料の違い

とにかく安くあげられるのがアクリル。ただし、他の塗料と比べて耐用年数は短いです。

 

シリコン塗料は短歌がお高いのですが、塗料の中で比較的長持ちします。

外壁塗装のアクリル塗料のメリット

外壁塗装のアクリル塗料は、より低価格で施工できるため、費用面でも優位性があります。

 

また、ツヤがあり、発色の良いこと、透湿性があり、重ね塗りできるなど、様々なメリットがあります。

 

しかし、耐久性は低く、長く放置するとひび割れが発生してしまう可能性もあります。

 

また、シリコンやウレタンに比べて耐用年数も低くなります。

 

なおアクリル塗料には、新しい技術が用いられたピュアアクリル塗料があり、耐久性が高く、内装などにも延命で利用できる塗料です。

 

 

外壁塗装のシリコン塗料のメリット

シリコン塗装は外壁塗装の人気の理由として、汚れに強く、長時間日差しを浴びても耐えられる紫外線に強い、価格帯も高くはない上に、耐候性や低汚染性などの性能をもつことから特に人気があります。

 

耐用年数は、アクリル塗料やウレタン塗料に比べ、8〜15年と長持ちします。

 

また、光沢の種類にはツヤありのみがあり、日本ペイントなど各メーカーの商品によって選べます。

 

しかし、他の塗料タイプと比べ、当然割りにいくつかのデメリットがあります。

 

それは、ひび割れが起こりやすいということ、施工費用が高い、フッ素塗料にくらべて長持ちしないということです。

 

上記のように、シリコン塗料のメリットとデメリットがありますが、外壁塗装のリフォームを検討しているならば、あらためてシリコン塗料のメリット・デメリットを把握して判断してみると良いでしょう。