外壁塗装と1液の2液違い/種類の水性、デメリット、メリット

外壁塗装と1液の2液違い/種類の水性、デメリット、メリット

外壁塗装と1液の2液の違い/種類の水性、デメリット、メリット

外壁塗装と1液の2液違い

外壁塗装の1液と2液の違い

外壁塗装の1液型と2液型の違いは、それぞれ塗料液の組成が異なっていることにあります。

 

1液型は塗料液(主剤)だけの塗料ですが、2液型は主剤と硬化剤(樹脂)を混ぜた塗料です。

 

2液型は乾きが早いので、その日に使う分だけを作り使う必要があります。

 

1液型は手間がかからない分早く仕上げることができますが、2液型は密着性や耐久性が高いのが特徴です。

 

また、異種材料に塗装する際は2液型を使用する必要があります。

 

1液型と2液型を合わせて使用することで、塗装のクオリティーを高めるのがいいと言えます。

 

 

外壁塗装の1液が使われるケース

外壁塗装の際に使われる塗料は、多くの種類がありますが、1液型と2液型の2つの種類があります。

 

1液型は、剥離剤を使うことで今ある塗料を耐久性や耐水性を高めることができ、施工時間を短縮することが可能で、この点がメリットとなります。

 

2液型は、混ぜ合わせを行わなくても、耐久性や耐水性に優れており、DIYでも扱いやすいため、外壁塗装素地を改善し、お家を洗練させることができます。

 

また、シリコン塗料は、色落ちが少なく、耐久性を持ち、装飾性も高い特性を持っているので、より耐久性の高い塗装結果を求めるケースで使われることもあります。

 

 

外壁塗装の2液が使われるケース

外壁塗装では、1液型または2液型の塗料が使われています。

 

2液型の場合、硬化剤や強化剤が必要となります。

 

2液型塗料のメリットは、耐久性が高く、施工性が良いという点が挙げられます。

 

また2液型塗料を使う場合に、注意が必要な点として、剥離剤を正しく使用すること、誤って使用してはならない施工部品などが挙げられます。

 

また、塗料の選択をした際には、1液型の場合、施工性が高いが耐久性が劣るという点、2液型の場合、料金が高いが耐久性が高いことを見極めて選択する必要があります。