外壁塗装と塗料の違い/特徴の理由、知る、解説、6種類、比較

外壁塗装と塗料の違い/特徴の理由、知る、解説、6種類、比較

外壁塗装と塗料の違い/特徴の理由、知る、解説、6種類、比較

外壁塗装と塗料の違い

外壁塗装の塗料の違い

外壁塗装で使用する塗料は水性塗料と油性塗料の2種類があり、希釈剤が異なります。

 

水性塗料は水を用い、油性塗料は有機溶剤を用います。

 

油性塗料のほうが耐久力が長く、見た目がきれいであるといわれています。

 

さらにアクリルやフッ素、ウレタン、ラジカル制御塗料、シリコンなど、外壁塗装用の塗料には様々な種類があり、塗膜の伸び縮みが少ないので割れを防ぐ効果が期待できます。

 

様々な塗料の特徴を理解し、耐久性や施工価格などを考慮して、ご自宅にピッタリな塗料を選択することで、今後さらなる付加価値を実現できます。

 

 

外壁塗装の塗料の種類

外壁塗装にはアクリル樹脂系、ウレタン樹脂系、シリコン樹脂系、ラジカル制御型ハイブリッド塗料、フッ素樹脂系、無機樹脂系など様々な種類の塗料があります。

 

アクリル樹脂系は水溶性樹脂で熱伝導性が低くメンテナンスも容易な塗料ですが、抗UV性や防水性に乏しいため、直射日光には向かない場所になります。

 

ウレタン樹脂系は耐久性や照射強度が高い塗料ですが、耐加熱性に欠け、水抜きがうまく行われないと剥がれを起こすケースあり。

外壁塗装の塗料ごとの特徴

外壁塗装の塗料の種類は7種類あり、それぞれ特徴や価格、耐用年数が異なります。

 

ある種類の耐用年数が長いと価格帯も高くなります。

 

それぞれの塗料の種類として、アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、ラジカル塗料、セラミック塗料、無機塗料などがあります。

 

アクリル塗料はコストパフォーマンスに優れ、耐久性も高い。ウレタン塗料は耐久性が高いが価格が高めで、シリコン塗料は親水性が特徴で、フッ素塗料は長い時間汚れが付きにくい特性、ラジカル塗料は低発泡性で防錆性があり、セラミック塗料は断熱・遮熱性があり、無機塗料は最も耐久性が高く、最も費用がかかります。